出展社インタビュー(前回 2016年)

オートモーティブ ワールド2016のご出展社様から、展示会の【出展理由・出展成果・活用方法】などについてお聞きしました。

オートモーティブ ワールドは「年に一度の大変大事な商談会の場」

東海エレクトロニクス株式会社
代表取締役社長
大倉 慎 様
出展:第8回[国際]カーエレクトロニクス技術展

― 本展へのご出展の目的をお教えください
私たちはカーエレクトロニクスの分野で自動車の発展をとことんサポートして発展に役立っていきたいと、そういう思いでやっております。
我々の会社では、このオートモーティブ ワールドが「年に一度の大変大事な商談会の場だ」という認識をしております。
その大事な商談の場に役員一同ができるだけ参加をして、お客様をお迎えし、お客様の活動をこの展示会を起点にサポートしていきたいと思っています。

― ブース来場者の反応はいかがですか?
非常に多くのお客様に来ていただいております。
特に新しい技術、ソリューションに多くの関心・興味を持って見ていただいています。
また、海外からのお客様の来場が非常に増えております。
この展示会を通して海外メーカーとの協業も増えていますね。

製品や技術導入を目的にピンポイントでブース来場いただきました

日産ネジ株式会社
営業企画室 次長
森 治道 様
出展:第6回 クルマの軽量化 技術展

― 出展成果はいかがでしょうか?
他の展示会とは出展社も来場者もベクトルが全く違います。
製品や技術導入を目的にピンポイントで来てくれるんですよ、うちの商品を見に来たんだと。愛知から事前にインターネットの製品検索でチェックして見に来たんだと、嬉しかったですね。しかも、お客様の9割が新規客であるのも大きな魅力です。しかし、数が来れば良いわけではないですね。それがどれだけ実になるかですから。それを考えると、この展示会は満足度がかなり高いですね、確実に私は手ごたえを感じています。

― 受注に繋がる商談はありましたか?
はい、既に業界大手の方に製品をお出ししました。開発のいろんなセクションの方がみんな来られています。すぐにテストするのでサンプル出してくれという話もいただきました。私もそれなりの価値のある開発をしたと思っているので、それを認めてもらえる方に、評価していただけるので嬉しかったですね。

我々のPRしたい声が求める層にダイレクトに届くのが魅力

株式会社アサヒメッキ
専務取締役
木下 淳之 様
出展:第2回 自動車部品加工EXPO

― 出展を決めた理由をお教えください
弊社は2回目の出展になります。弊社の持つ特殊技術をPRするために出展させていただきました。表面処理のメーカーで最終工程の我々は『自動車部品が一堂に介する展示会』と言うスローガンに非常に魅力を感じまして、今年も出展を決めました。

― 出展成果はいかがでしょうか?
もちろん去年もありましたし、今年も既に何件かお話をいただいております。具体的には、ステンレスの世界シェアNO.1企業と商品開発で繋がりましたし、我々としては「下町ロケット」みたいな、ね。そんな大きな成果が出ていますので、社員一同喜んでおります。

― 本展の魅力はなんでしょうか
我々のPRしたい声が、求める層にダイレクトに届くという点に非常に魅力を感じております。

弊社技術がどんな可能性をもっているのか情報収集ができました

丸茂工業株式会社
営業購買部 次長
清水 大輔 様

営業購買部 営業購買課 主任
新美 裕一 様
出展:第2回 自動車部品加工EXPO

― 出展を決めた理由をお教えください
前回も出展して、そこで知り合ったお客様との繋がりに成果を感じ
「出展して本当に良かったな」と思い、今回も出展しました。

― 出展成果はいかがですか?
自動車ってトータルな総合産業ですよね、鉄もあればゴムもあれば樹脂もあればガラスもあったり。
そういった製品を扱う出展社の中で、うちは鉄を扱ってます。

弊社の鉄を見に自動車業界の方はもちろん、自動車業界以外の方にもお越しいただいていますので うちの技術がどういった可能性をもっているのかという情報収集もできました。

このようにオートモーティブ ワールドでは自動車業界の方に加え、商社の方もたくさんお見えになるので、そういったところでお話をいただくこともできていますね。
  • ・出展の費用 ・今後のスケジュール ・他社の出展状況など
    もっと詳しく知りたい方は資料をご請求ください
    招待券お申込み(無料)はこちら

    ?

    その他ご質問などありましたら事務局までお問合せください

    出展に関するお問合せ
オートモーティヴ ワールド 2017
-下記5展で構成-
同時開催展